■最新情報〔お知らせ〕
心屋リセットカウンセリングとは

 
心屋の提供する「リセットカウンセリング」とは 
 
■自分の人生を変えたい、問題を解決したいと願う人に対して
 
■インナーチャイルドや投影、交流分析における禁止や許可の考え方、NLPにおける「ニューロ・ロジカルレベル」の考え方を基にして、主に幼少期に出来あがった考え方や価値観、その歪みや、本人さえ気づいていない自己認識と言われるセルフイメージに「言ってみる」というアクションを通じて気づき、同時に、自分の制限や禁止を許可することで、そのひと自身の考え方やあり方、身の周りに起きる現実を含めた多くの問題を解決に導くものです。
 
■ここでいう「問題」とは、人生における、人間関係や恋愛、結婚、親子関係、そして職場での問題やお金の問題、時には身体の病気にもかかわるあらゆる不安や問題であり、これらには共通する「根本原因」があります。
 
■これらの「根本原因」には、交流分析という心理学において言われる、幼少期の思い込みによる「禁止」「べき」「正しさ」「欠乏感」「罪悪感」など「考え方の偏り」「拗ね」などがあり、そこに気づいて解放していくことによって、「現象」として現れる現実の問題を解決しつつ、人生全体をリセットしていく根本原因志向です。
 
■ほんの数分の会話によって、それらの「根本原因」を予測し「言ってみる」という心屋独自の手法によって、クライアント本人が気づいていない答えを見つけ、同時に開放するので解決が早く驚かれるのが特徴です。
 
■ただし、この方法は医療行為でもありませんし、全ての問題が解決するという万能の方法というわけでもありません。自分の問題を解決したい、という「望み」のある方が「自分を含む自分の身の回りの世界は自分が作り出している」という信念のもと、本来の自分の生き方やあり方を追求し、自分の素晴らしさに気づいていく「生き方」の哲学、と言えるのかもしれません。

 
〔心屋リセットカウンセリングの基本的な解決方法〕
 
@拗ねない
目の前の問題を「利用」して「拗ね」「思い込み」「欠乏感」「罪悪感」からくる「どうせ」というセルフイメージを知り、それらは全て勘違い、記憶違いだと知る。
 
A損してもいい
@に気づくために、「損すること」「タブー」に挑戦する。ちゃんと言う、「いけない」から「いい」へ。頑張らない、弱さを認め、「他力」を信じる。誰のことも助けなくていい。
 
Bどうせ愛されている
自分の「あり方/前提」を、愛されている、素晴らしい、認められているなど「ある」に変える。
自分がこのままで愛されていることを信じることから始める。
 
C内側を満たすことで外側を作り出す
いいことも、悪いことも「受け取る」「思考が先、現実が後」「やりたいことをし、やりたくないことをやめることで自分を大切にする」ことで、欲しい現実を作り出す。その際のキーワードは「なせかわからないけれど」という、人智を越えた「なにか」「他力」の存在も信じてみるのです。
 
 
心屋塾は
 
@自分の人生や生き方を変えたいと思っている人に対して
 
A心理学で言うところのインナーチャイルドやセルフイメージの概念を使って「声に出して言ってみる」という今までにないアクティヴで体感型の手法を用いて
 
Bそのひとの考え方の根底を覆すことで、心の中の思い込みやゆがみをリセットし、現実の問題を解決に導くお手伝いをしています。
 
C個人カウンセリングや、グループカウンセリング、また一日セミナーや、ワークショップ、さらにはこれらの手法を教え、カウンセラーを養成するスクールを全国各地で運営しています。
 
D他にも、それらの考え方を毎月の習い事のように、その「ノウハウ」ではなく「あり方/前提」を学び続ける勉強会も毎月東京と京都で開催しています。
 
 

 


 
■心の中のもう一人の(本当の)自分を知る心理カウンセリング

 
「性格」と「個性」は別モノです。


「個性」は、あなたが生まれもった最高の宝物「オンリーワンの能力」「あなたの知らない本当の自分」「変えられない・変わらない本質」です。

そして「性格」は、あなたが生まれてから刷り込まれた「プログラム」「今の自分」なのです。


      だから、「性格」というプログラムは書き換えられるのです


「性格」は、親や近隣の人たち、友人や本・テレビ、

そして実体験、環境、そして役割などによって、
生まれた後に潜在意識に埋め込まれた「プログラム」です。
 
目の前の出来事に対する「反応のクセ」が性格です。

自分が傷つかないように自分を守るためにつくられたプログラムです。

そして「自分では、なんともしようがないと思っているもの」です。

あなたの『個性』を最高に引き出す、

そんな性格(プログラム)(反応パターン)に変えてみませんか。


それは、今までの人生で自分に対して身につけてきた鎧(よろい)を剥がしていくことなのです。

 
そして、自分が気づいていない自分の本当の素晴らしさや能力、魅力に気づくことになるのです。
そう、「性格」は、自分本来の魅力や能力まで封じ込めていることがあるのです。


そこに「心理カウンセリング」が役立つのです。
そして、不要なプログラムを、ブロックを取り替えるようによいプログラムに変えていくのです。

「自分」は、よく勘違いをします。


子供の頃に言われ続けてきたこと

それを「正しい」と思い込んでいます。


小さな頃に体験したこと、

それを、大人になった今でも、怖がっています

さあ、「もう一人の自分」と仲良くしてみませんか?

−−−−−

心屋の心理カウンセリングの特徴は「言葉に出す」ということです。
心と体、脳と心は別物です。

頭で正しいと思っていることでも、心が拒否している時はうまく行きません。
だから「心が求めていること」すなわた「自分らしさ」を見つけていくことが、

その人らしい生き方、つまり「うまくいく方法」です。

 
心屋では、そんな「心が本当に求めていること」「心が本当に嫌がっていること」

「我慢していること」を「言葉にする」ことで、見つけ、
同時にそこにある「禁止」「否定」「抑圧」「制限」を外してしまう方法です。


制限が解ければ、ブレーキが外れ、ひとは自由になります。
ブレーキは「怖い」から踏んでいるのです。


その「怖さ」は「制限」からきています。

それを解除することで初めて「自分らしく」生きることができるのです。
 
心屋では、そんなお手伝いをしています。