■最新情報〔お知らせ〕

open_counseling.jpg

「無料カウンセリング」を毎月行っております。

オープンカウンセリング」は、心屋塾マスターコース(心屋流 カウンセリングスクール)卒業生の奉仕活動(ボランティア)ですので、基本無料です。

■この活動のコンセプトは「悩んでいる人を一人にしない」です。一人で悩んでいると、どんどん自分の迷いに落ちて行きます、色んな人の悩みを聞いてぜひ「一人じゃないんだ」ということを体感してみてくださいね。

■定額ではなく「お気持ち金」制度を採用しています。終了時にいくらでもかまいませんので「寄付」のご協力をお願いいたします。頂いたお気持ち金は、すべて寄付させていただいております。(このページの下の方に寄付記録を掲載しています)

■1回につき10名程度の方にお集まりいただき、約2時間で 3〜4名の方のお話を伺い、その場でカウンセリング・問題解決へのお手伝いをさせていただきます。どんな風に行っているのか、その様子はこちらをご参考にしてみて下さいね。

■その他の方は、その様子をそっと見守っていてください。

■自分以外の人の悩みを聞いて、解決していく過程をご覧いただくことで、ご自分との不思議なシンクロニシティ(不思議な偶然)が起り始めることがあります。

■聴いているだけで、自分の悩みが解決することがあります。

■毎月、全国各地で開催していますのでこのページにてスケジュールをご確認ください。

■何度ご参加いただいても大丈夫です。

お気持ち金制度となっており、全額寄付されます。(お気持ち金制度とは>>)
(2011年4月〜2016年4月まで寄付金総額は累計 40,180,287円
※お気持ち金はカウンセリング終了後、スタッフにお渡しください。

★開催スケジュール

manseki_ico.jpgこの表示が出ている回は満席です。申し込みはキャンセル待ちでの申し込みになります。
申し込みのリンクがないものは受け付け終了となっております。あらかじめご了承ください。

日程の詳細はエリアのページをご覧ください。
沖縄・九州・中国・四国エリア(沖縄・鹿児島・宮崎・熊本・大分・長崎・佐賀・福岡・山口・島根・鳥取・広島・岡山・愛媛・香川・徳島・高知)
近畿エリア(兵庫・大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山)
中京・北陸エリア(岐阜・愛知・三重・静岡・福井・富山・石川)
関東甲信越エリア(長野・新潟・山梨・神奈川・東京・千葉・埼玉・栃木・群馬・茨城)
東北・北海道エリア(福島・山形・宮城・岩手・秋田・青森・北海道)
スカイプ(エリア:全世界) 
海外

担当カウンセラーは各エリアのページに掲載しています。

 


※携帯電話の方は「受信拒否設定」にご注意ください
※各応募フォームで指定しているドメインの受信を可能にしておいてください。
 

お申し込み後、すぐに「自動返信メール」が届きます。
届かない場合、メールがブロックされているかアドレスが間違っている場合がございます。その際は、再度お申し込みください。

★ご自分の相談を話されてもいいし、その場にいるだけでもかまいません。  
こんな感じでやっています
   
  完全予約制ですが、全員のご相談をお伺いすることはできません。

 何度参加されても構いませんが、一日に二つの枠を予約することはできません。

 

★参加条件 : 心屋の著書を一冊だけ「ご持参」ください。

  心屋の考え方を事前にご理解いただいていた方が効果は上がると思いますので。

  ご理解をお願いいたします。

★「お気持ち金制度」について

 「出した分だけ入ってくる」という、エネルギーには流れがあるように思います。
 「だす」ことで、「流れる」「入る」循環を作り出すものです。

 なので、基本的に無料ですが、「お気持ち金制度」を採用しています。
 金額はまったくの自由です。

 いくらでも結構ですので、よろしくお願いします。

 お預かりした「お気持ち」につきましては、この場所で金額や使途を明確にして、「本当に困っている人」に
 使わせていただきます。

 

★「お気持ち金」寄付実績
 皆様よりお預かりしたお気持ち金は、 下記に義援金として寄付させていただきました。
 (2011年4月〜2016年4月まで寄付金総額は40,180,287円

IMG.jpg

・2011.4月分(96,500円)は、東日本大震災の義捐金として寄付させていただきました。

 

累計96,500円

義援金5月分.jpg

・2011.5月分(38,000円)は、東日本大震災の義捐金として寄付させていただきました。


累計134,500円

お気持ち報告.jpg

・2011.6月分(104,505円)は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計239,005

 

・2011.7月分(72,711円)は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計311,716円

2001.8.jpg

・2011.8月分
(87,310円)は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計399,026円

2011.9.jpg

・2011.9月分
(49,500円)は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計448,526円

IMG_0001.jpg

・2011.10月分(179,003円)は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計627,529 円

IMG_0001 (2).jpg

・2011.11-12月分(122,400円)は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計749,929円

IMG (3).jpg

・2012.1〜4月分 181,586円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計931,515円 

IMG_0005.jpg

・2012.5〜7月分 176,250円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。


累計1,107,765円

 okimochi201207-12.jpg
・2012.7〜12月分
582,154円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。

累計1,689,919円
 義捐金201212-201302」
・2013.1〜2月分
722,098円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。

累計2,412,017円
recipt201303.jpg
・2013.3月分

760,423円東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計3,172,440円

recipt201306.jpg

・2013.6月分
1,731,444円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計4,903,884円

recipt201307.jpg

・2013.7月分
830,989円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計5,734,873円

recipt201307.jpg

・2013.8月分
928,211円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計6,663,084円

recipt201307.jpg 山元町イベント

・2013.8月分
280,000円は宮城県山元町のイベントに寄付させていただきました。
累計6,943,084円

recipt201307.jpg

・2013.9月分
1,744,737円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計8,687,821円

recipt201307.jpg

・2013.10月分
1,828,440円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計10,516,261円

お気持ち金

・2013.11、12月分
1,995,158円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計12,511,419円

 

お気持ち金

・2014.1、2月分
2,195,924円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計14,707,343円

recipt201307.jpg

・2014.3、4,5月分
3,622,770円は東日本大震災の義援金として寄付させていただきました。
累計18,330,113円

2014.6,7,8月分
1,841,481円は、担当カウンセラーそれぞれの寄付先に寄付させていただきました。
日本赤十字社 東日本大震災義援金、24時間テレビセーブ・ザ・チルドレン子ども基金、NPO法人底上げ、一般社団法人虹の和総社市手をつなぐ会育成会、公益財団法人 日本骨髄バンク、秋田いのちの電話、蜘蛛の糸(自殺防止団体)、福島子ども保養基金、広島市災害義援金、大阪ハートフル基金 
累計 20,171,594円 
2014年9月〜12月
3,164,249円は、担当カウンセラーそれぞれの寄付先に寄付させていただきました。
NPO 底上げ、NPO法人日本レスキュー協会、SORAアニマルシェルター、あしなが育英会、ガラパゴス自然保護基金、ふくしまこども寄附金、ふんばろう東日本支援プロジェクト、感恩講児童保育院、公益財団法人 日本ユニセフ協会、公益財団法人日本骨髄バンク、公共財団法人 日本ユニセフ協会、広島市災害義援金、国境なき医師団日本、秋田いのちの電話、千代田区社会福祉協議会、総社市手をつなぐ育成会、大阪ハートフル基金、東日本大震災ふくしまこども寄附金、特定非営利活動法人国連UNHCR協会、難病のこども支援全国ネットワーク、日本赤十字社、白馬村災害対策本部、和木町災害義援金
累計 23,335,843円 
 
2015.1月分 580,207円は下記に寄付させていただきました。
日本赤十字社,ちよだニャンとなる会,ふくしまこども寄附金,(公社)ガールスカウト日本連盟,日本骨髄バンク,特定非営利活動法人ハチドリ,NPO法人底上げ,公益財団法人関西盲導犬協会,児童養護施設 子どもの町(埼玉県 春日部市)
累計23,916,050円
2015.2-3月分 2,517,784は下記に寄付させていただきました。
日本赤十字社、広島市災害義援金、社会福祉法人千代田区社会福祉協議会、セーブ・ザ・チルドレン ジャパン、平戸市会計管理者、ちよだニャンとなる会、自殺防止団体、蜘蛛の糸、大阪ハートフル基金、セーブザチルドレン子ども基金、総社市手をつなぐ育成会、東峰村(福岡県)、新上五島町(会計管理者)、ユニセフ親善大使 黒柳徹子、公益財団法人日本骨髄バンク、東日本大震災ふくしまこども寄附金、(公社)ガールスカウト日本連盟、セーブ・ザ・チルドレン子ども基金、壱岐市 会計管理者、日本ユニセフ協会、公共社団法人日本動物福祉協会、特定非営利活動法人AMDA、東日本大震災義援金政府窓口、アラスカ 犬ゾリレーサー 今野道博、ふくしまこども寄附金、日本骨髄バンク、特定非営利活動法人ハチドリ、NPO法人底上げ、公益財団法人関西盲導犬協会、児童養護施設 子どもの町(埼玉県 春日部市)
累計

26,433,834

2015.4月分 1,076,797円は下記に寄付させていただきました。
WWF JAPAN、あしなが育英会 財)日本対ガン協会、しっぽの会、メイク・ア・ウィッシュオブジャパン、犬と猫のためのライフボート、公共財団法人日本動物愛護協会、公益財団法人日本骨髄バンク、広島市災害義援金、社会福祉法人日本介助犬協会、手をつなぐ育成会/特定非営利活動法人AMDA/特定非営利活動法人わんぱーく、大阪自殺防止センター事務局、東日本大震災ふくしまこども寄附金、東日本大震災義援金政府窓口、東北地方太平洋沖地震救援口座、日本赤十字社、鈴尾猫の会
累計27,510,631円
2015.5月分 1,732,546円は下記に寄付させていただきました。
NPO法人 底上げ,NPO法人 日本レスキュー協会,NPO法人災害救助犬ネットワーク,あしなが育英会,アニマルフォスターペアレンツ,セーブ・ザ・チルドレン子ども基金,ドナルド・マクドナルド・ハウス財団,茨城県災害対策本部 東日本大震災にかかる義援金,宮城県石巻市がんばる石巻市応援寄付,公益財団法人 北海道盲導犬協会,公益社団法人 ガールスカウト日本連盟,広島県大雨災害義援金,児童虐待防止全国ネットワーク,社会福祉法人千代田区社会福祉協議会,社会福社法人花咲会,大阪ハートフル基金,大阪自殺防止センター事務局,東日本大震災 ふくしまこども寄附金,東日本大震災義援金政府窓口,東日本大震災義援金日本赤十字社,難病のこども支援全国ネットワーク,日本ユニセフ協会,日本赤十字東日本大震災義援金,福島県 学校法人 聖光学院,福島県災害対策本部,
累計29,243,177円
2015.6月分 1,097,699円は下記に寄付させていただきました。
境なき医師団,社会福祉法人千代田区社会福祉協議会,社会福祉法人日本介助犬協会,石巻市役所復興対策部,大阪ハートフル基金,東日本大震災義援金政府窓口,特定非営利活動法人 アニマルレフュージ関西 ー アーク,日本赤十字 ネパール地震義援金,日本赤十字社  東日本大震災義援金,日本盲導犬協会,福島県 聖光学院高等学校,福島県災害対策本部
累計30,340,876円
2015.7月-12月分 6,534,328円は下記に寄付させていただきました。
(公社)ガールスカウト日本連盟、NPO法人 INO、NPO法人 底上げ、NPO法人 抱撲、NPO法人JHDAC、NPO法人あゆみの森共同保育園、NPO法人のぞみ会、Soraアニマルシェルター 、あしなが育英会、あしなが東日本大震災遺児支援基金、アニマルクラブ石巻、いのち・みらい貯金箱セーブ・ザ・チルドレン、うきは市会計管理者、セーブ・ザ・チルドレン こども基金、チャイルド・ケモ・ハウス、ファミリーホーム笑顔で元気、メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン、ユニセフ親善大使 黒柳徹子、ユニバーサルスワン、リスタドウブツタチニヒカリトサイセイヲ、ワールド・ビジョン・ジャパン、一般財団法人 全国緊急災害時動物救護本部、一般社団法人 ちよだニャンとなる会、一般社団法人 障害者自立支援協会、茨城県共同募金会台風18号等災害義援金、茨城県災害対策本部、雲仙市会計管理者、学校法人 聖光学院、久留米市役所、宮城県災害対策本部、犬ゾリレーサー 今野道博、犬猫里親探しの会バトンタッチ、玄海町会計管理者、公)日本対がん協会、公益財団法人  北海道盲導犬協会、公益財団法人 日本ユニセフ協会、公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会、公益財団法人 日本盲導犬協会、公益財団法人 日本野鳥の会、公益財団法人 北海道盲導犬協会、公益財団法人日本骨髄バンク、公益財団法人犯罪被害救援基金、公益社団法人 ガールスカウト日本連盟、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、口永良部島災害義捐金、広島県大雨土砂災害義援金、広島市共同募金会、広島市災害義援金、広島市平和国際交流費寄付金、合志市会計管理者、国境なき医師団、今野道博(犬ゾリレーサー)、佐世保市会計管理者、佐伯市、財)長崎原爆被災者協議会、山都町会計管理者、児童養護施設 守山学園、鹿児島県共同募金会 噴火災害義援金、社)シンデレラプロジェクト、社会福祉法人 香川県共同募金会、社会福祉法人 日本ライトハウス盲導犬訓練所、社会福祉法人花咲会、社会福祉法人群馬いのちの電話、社会福祉法人千代田区社会福祉会、社会福祉法人大仙市社会福祉協議会、社会福祉法人日本介助犬協会、秋田いのちの電話、出雲教、小山市台風第18号等大雨災害義援金、石巻市[br]がんばる石巻応援寄附、千代田区社会福祉協議会、大阪ハートフル基金、大阪自殺防止センター事務局、朝倉市役所、島原市会計管理者、東日本大震災ふくしまこども寄附金、東日本大震災義援金口、東日本大震災義援金口、特定非営利活動法人 チャイルド ケモハウス、特定非営利活動法人 礎の石孤児院 日本での孤児院設立及び支援のため、特定非営利活動法人AMDA、南阿蘇村会計管理者、難病のこども支援全国ネットワーク、日赤 2015年台風18号等大雨災害義援金[br]、日赤平成27年台風18号大雨災害義援金、日赤平成27年台風21号与那国町災害義援金[br]、日赤平成27年度台風18号大雨災害義捐金、日田市会計管理者、日本ユニセフ協会、日本ライトハウス盲導犬協会、日本骨髄バンク、日本赤十字 東日本大震災義援金、日本対ガン協会、日本盲導犬協会、日本盲導犬協会、日本盲導犬協会、日本盲導犬協会、認定特定非営利活動法人 フローレンス、認定特定非営利活動法人AMDA、非営利活動法人 礎の石孤児院、平和のための戦争展in北九州、別府市会計管理者、豊後高田市会計管理者、豊後大野市会計管理者、北九州市役所、墨田区社会福祉事業所、箕面市ふるさと寄附金、諫早市、福島県災害対策本部、福島聖光学院
累計 36,811,394円
2016年1月ー3月 2,553,560円を下記に寄付させていただきました。
NPO法人 高知いのちの電話、NPO法人 子どもシェルターモモ、NPO法人 底上げ、WWF JAPAN、アジアチャイルドケアリーグ、あしなが育英会、あしなが東日本大震災遺児支援募金、アニマルシェルター、コフレプロジェクト、シェルター モモ、セーブ・ザ・チルドレン ジャパン、どうぶつ基金、トクヒ)ソラアニマルシェルター、ドナルドマクドナルドハウス財団、バーンロムサイジャパン、ユニセフ親善大使  黒柳徹子、ワールド・ビジョン・ジャパン、愛媛慈恵会、一般社団法人 ジェスペール、沖縄県共同募金会 台風第21号 与那国町 災害義援金、学校法人 聖光学院、宮城県災害対策本部、公益財団法人 CIESF、公益財団法人 交通遺児育英会、公益財団法人 日本ユニセフ協会、公益財団法人 日本動物愛護協会、公益財団法人 日本野鳥の会、公益財団法人日本骨髄バンク、公益財団法人犯罪被害救援基金、佐原街並み交流館、財団法人日本障害者スポーツ協会、糸島市会計管理者、糸満市会計管理者、社会福祉法人 香川県共同募金会、社会福祉法人 大洗町社会福祉協議会、社会福祉法人 北翔会 札幌乳児院、社会福祉法人はるな郷、社会福祉法人花咲会、社会福祉法人群馬いのちの電話、社会福祉法人日本介助犬協会、新上五島町会計管理者、石巻市災害対策本部、大阪ハートフル基金、大阪自殺防止センター事務局、大阪府ハートフル基金、東日本大震災ふくしまこども寄附金、東日本大震災義援金政府窓口、特定非営利活動法人 国境なき医師団 日本、特定非営利活動法人シェア国際保健協力市民の会、日本骨髄バンク、日本赤十字社、日本赤十字社  東日本大震災義援金、日本赤十字社2016年 台湾地震、日本赤十字社「2015年ネパール地震」救援金、日本赤十字社茨城支部(茨城県台風18号等災害義援金)、日本盲導犬協会、認定特定非営利活動法人カタリバ東北復興事業部[br]理事今村久美(トクヒ カタリバ)、夢のみずうみ村 夢ハウスおおつち基金、福島
累計39,364,954円 
2016年4月 815,333円を下記に寄付させていただきました。
【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金、NGO オープンアース、あしなが育英会、あしなが東日本大震災遺児支援募金、バトンタッチ(宮城県)、熊本県 熊本地震義援金、熊本市熊本地震災害義援金、熊本地震義援金、常総市義援金口、天国はつくるもの基金、特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ、日本介助犬協会、日本赤十字社、日本赤十字社 熊本地震災害義援金、日本赤十字社 東日本大震災義援金、日本赤十字社 東北関東愛震災義援金、日本赤十字社 平成27年台風18号等大雨災害義援金、日本赤十字社大分支部 支部長 広瀬勝貞、日本赤十字社中東人道危機救援金 (シリア)
累計40,180,287円 

〔オープンカウンセリング開始の経緯〕

心屋も、おかげさまで、2010年の2月で三年目を迎えました。

その間、たくさんの方にカウンセリングにお越しいただき、たくさんの方にセミナーや講演会にお越しいただきました。

また、本も3冊も発行させていただき、
※2010年2月当時

そのすべてが増刷になるという状況までいただきました。
本当にありがとうございました。


これらのことに関して、なにかお返しができないか、
そして、世の中に対して、社会貢献ができないか、そんなことを考えていました。

 

 

いや、おかげさまで、
やっと考えられるようになったと言うべきでしょうか・・・。


しかし、その一方、僕の中では「奉仕」とか「ボランティア」
というものについての戸惑いがありました。


正直、「どうすればいいのかわからない」


そんな中、人との出会いを通じて「無料奉仕活動」というものを
そろそろ始めてもいいんじゃないかという気持ちがわきあがってきました。


恥ずかしながら、やっと、です。



今の僕にできることは何だろう。

そう考えたとき、
たとえば、どこかに寄付をすること、というのも
正直どうすればいいのか分からず、

じゃあ、今自分の身近にいる方たちに何かできることを、
そう考えたのが、今回の【カウンセリングの無料化】でした。


ただ、この「カウンセリング」を生業とされている方も沢山おられるので、
僕がこのようなことを行うことで

何らかの形でマイナスの影響が出るんじゃないかと考えました。
それも、本意ではない。


そこで、以下のような形で進めていくことにしました。

   ------------

■コンセプトは

     「悩んでいる人を一人にしない」

カウンセリングに来られる方は、

   「自分だけが大変な目に遭っている」
   「自分だけがこんなことで悩んでいる」

という「自分だけの醤油」をかけている場合が多いのです。
 ※醤油とは → http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-10419759017.html


でも、そこから抜け出して、人生を好転させている人もたくさんおられるし、

心屋が提供する、様々なセミナーへの参加を通じて、
「自分だけじゃないんだ」ということに気付いて、勇気を受け取っていく人も多いのです。


僕が、以前に離婚したときのことを思い返しても、

「だれにも相談しなかった」
「ひとりで悩んで、ひとりで決めた」
「相談しても仕方ない」

ということがありました。


だから、すべての個人面談を無料にするのではなく、

「悩んでいる人を一人にしない」をコンセプトに

 「無料相談会」
 「無料グループカウンセリング」

という形で始めます。

個人で向かい合いたい方には、
有料のまま継続させていただきます。


悩みを分け合い、助け合う、誰かを見て感じ取る、
誰かの話から気づきを得る、人前で話すことで勇気を分かち合う、

そんな「空間」「居場所」を作っていきたいと思っています。


みんなでお菓子やお茶を持ち寄って、
出入り自由に、悩み事を相談してみる、そんな居場所づくりをやってみます。

それが、将来的には「勉強会」「相談会」になっていくかもしれません。


そして、自分が勝手にかけている「醤油」に気付いてもらう。


「えーーーー!!他の人は、ケーキには醤油をかけないんだ!!」
と気づいてもらう。


京都の個人セッションはまだ続けます。
※現在は休止しています

でも、正直、個人セッションは高額です。


すべての悩んでいる方が、
そんな金額を出せるとも正直思っていません。


今の自分にできる社会貢献、始めます。

--------

★参加されたあとの要求はありません。

 参加いただいた条件として、心屋のセミナーを受けていただくとか、
 何かを買っていただくとか、そういったお願いはありませんので、
 気軽にご参加ください。



★心屋が解決するのではありません。

 魔法を期待するのではなく、感動があるわけでもありません。

 心屋に接することや、他の参加者の話を聴くことで
 あなたの中に「反応」が起こります。

 その「反応」を使って、自分の問題を解決していく、
 その方法をお伝えしていきます。

 自分で問題に気づいて向かい合い、解決していける人になる、
 そのためのサポート・ヒントの場となります。


 このような主旨をご理解のうえで、ご参加をお待ちしています。