■最新情報〔お知らせ〕
open_counseling.jpg
 
DVD付「もうイライラしたくない!と思ったら読む本
 

もうイライラしたくない.jpg

 ■DVD付 「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本

心理カウンセラーとして多くの方のイライラに向かい合い、そして自分自身のイライラを見つめることで導き出した「イライラ」の「本当の原因」と、それを鎮め、穏やかに暮らす知恵を、みなさんと分かち合いたいと思います。

 

 「イライラの地獄」から、「穏やかな笑いのたえない天国」へ一緒に行ってみましょう。

 

 


▲アマゾンでのご購入はこちら

 

目次

第1章 イライラする原因を理解する

  1.ないと思ったとき人はイライラする

  2.命の根源が揺らぐから怖い

  3.イライラするときは、条件がある

  4.ルールを破られると腹が立つ

  5.イライラしているときは、さらにイライラすることを探してしまう

  6.感謝が足りないとき、怒りが起こる

  7.怒るときは自信がないのではないかと考える

  8.期待しすぎるとイライラする

  9.事実は一つだが、記憶は人によって違う

 10.成果が出ないとイライラするのはなぜ?

 11.目の前の悩みを解決したら、本当の悩みが登場することがある

第2章 イライラの止め方

 12.怒りを感じきることが大切。本当の気持ちを見つめて叫んでみよう

 13.言わないから、怒りがわく

 14.マッチは1本のときに燃やしておく

 15.「くれ、くれ」と思ったときは、「ちゃう、ちゃう」とつぶやいてみる

 16.求めるものが手に入っても、イライラが止まらないときは?

 17.「しなきゃ」をやめる

 18.好ましくない「パターン」から抜け出す

 19.不機嫌な人がいても気にしない

 20.してもいいと思うと、心の形が変わり出す

 21.自分はできないヤツだと宣言してみる

 22.自分を粗末にしない

 23.心の武装を解除すると、楽になる

第3章 部下、上司、子どもにイライラしたとき、どうするか

 24.上司にいつも怒られている人の共通点

 25.ふがいないリーダーのままでもいい

 26.部下が期待どおり動かないとき、どうすればいいか 

 27.部下には自分と同じ失敗をさせよ

 28.恐れからアドバイスするのをやめる

 29.子供は不良になると思っておく

 30.開国すると攻撃されるから鎖国する

 31.ぶつかられて、ものすごく怒る人は、何を考えているのか

 32.与える方は、何を与えてもいい

 33.お互いの心を平和にする方法

 34.大切な人のイライラを減らすために