■最新情報〔お知らせ〕
open_counseling.jpg
 
 折れない自信をつくるシンプルな習慣
 

折れない自信をつくるシンプルな習慣

折れない自信をつくるシンプルな習慣

自信をなくしたとき、頑張って実績を積んで自信をつけようとしていませんか。 
でも、そうしてつくられた自信はポキッと折れやすいのです。
TVで人気の心理カウンセラーが本物の「折れない自信」をつくるコツを伝授します。
話題の「シンプルな習慣」第2弾! 


【目次】

はじめに

1章 「折れる自信」と「折れない自信」
・自信がない人は、「自身」がない
・「自分には価値がある」と思って生きているか
・ありのままの自分を、ただ、信じる
・バカになれ、おめでたいヤツになれ
・赤ちゃんは「おっぱいを飲む自信がない」なんて思わない
・「ダメと言われた」からといって、「ダメな人間」ではない

2章 いつもなんだか「自信がない・・・」という場合
・「どうせ出世する」と思っている人の行動から学ぶ
・「自分はダメ」というカン違いに気づく
・親から言われた「ダメ」に反発してみる
・言うことを聞きすぎるのは、好きだから
・学校で教わった「正解」を疑う
・問題は、自分自身のなかにある
・「条件付きの肯定」の「条件」を知る
・「どうせ」「私なんか」という言葉をやめる
・さっさと自分で自分に惚れる
・「私は認められている、かも」と声に出す
・ほめ言葉はとにかくもらっておく
・ほめられて育ったのに、自信がないのはなぜか
・「タイプ」や「キャラ」で自分の殻にとじこもらない
・白黒をつけるのをやめる

3章 自信がついたはずなのに、うまくいかないとき
・自信がないから、足そうとする
・足し算ばかりの人生からおりる
・少しずつでいい、やめる、捨てる、手放す
・頼まれた仕事を断る
・「別の悩み」で「本当の悩み」をごまかさない
・「自分はバカだ」と開き直る
・うまくいかないときの自分を愛してあげる
・「逃げるため」にがんばるのをやめる
・がんんばりすぎのサインに気づく
・「常識」を変える勇気をもつ
・「三振が怖くてバットを振れない四番」になっていないか

4章 へこんで、落ち込んだときの処方箋
・自分を「責める」より「省みる」
・うまくいっている人の考えや行動を取り入れてみる
・「それだけはやりたくない」ことをやる
・「どうせ、なんとかなる」と信じる
・悪口や批判から、自分の心の奥深くの本音を知る
・謙遜したり、かわい子ぶるのをやめる
・自分ではわからない自分の魅力に気づく
・他人からどう思われても、自分の道を行く

5章 ゆっくりでいい、自信を育てる
・「起きている問題」を、考え方を変えるチャンスにする
・晴れの日も、雨の日もある
・自分らしく、自分に正直に生きる
・「でも」という言葉の前にある本音を大事にする
・自分を磨くには、古い意識や価値観を削ぎ落とす
・劣等感と仲良くする
・「わかっちゃいるけど、やめられない」自分を許す
・「できないこと」を、できないままにする
・苦手なことは人にまかせる

6章 自分を信じて生きるために大切なこと
・とにかく好きなことだけをやる勇気をもつ
・行き当たりばったち、に生きる
・流れに身をまかせながら自分の力で泳ぐ
・ゆっくりとお茶を飲む時間をもつ
・必死になるのをやめて、手を抜く
・神社の賽銭箱に1万円を入れてみる
・折れない自信をつくるために大切なたった一つのこと

おわりに


▲アマゾンでのご購入はこちら